• 日本のなかの朝鮮 金達寿(キムダルス)伝

    「日本のなかの朝鮮 金達寿(キムダルス)伝」

     廣瀬陽一

    いま、あらためて評価されるべき
    「在日作家・日本のなかの朝鮮文化研究者」の生涯
    《日本のなかの朝鮮隠し》は許されない。

    2020年に生誕100年を迎えた金達寿(キムダルス)。 日本と朝鮮の関係を人間的なものにするために彼は表現し続けた。 その軌跡の全体像を初めて紹介する本格評伝。

  • 在日朝鮮人とハンセン病

    「在日朝鮮人とハンセン病」

     金 貴粉

    その歴史と現在を知るために明らかにされなければならない事実がある

    朝鮮人ハンセン病患者はどのような経緯で発病し、どのように遇され、いかなる生をここ日本の地で送ってきたのか。また送っているのか。そして送ってこれなかったのか。本書は、在日朝鮮人ハンセン病患者が辿ってきた道のりと生き様を、在日三世の著者が、各地の療養所を訪れ、そこで暮らす朝鮮人患者への聞き書きと、朝鮮人患者団体や各療養所で出されていた機関誌・紙などの記録を通して、明らかにし、彼ら彼女らの歴史と現在を浮き彫りにする。また、各療養所で出されている年報を丹念に調べあげ、各年度の朝鮮人入所者数を資料としてまとめている。それは日本のハンセン病史が置き去りにしてきた事実である。

  • パク・ミンギュ『カステラ』

    「パク・ミンギュ『カステラ』」

     ヒョン・ジェフン 斎藤真理子[訳]

    祝!!!「第1回 日本翻訳大賞」大賞 受賞作。
    こんな面白い小説が隣国にあった!!パク・ミンギュをはじめて日本に紹介した画期的な書。
    この後に続くパク・ミンギュブームの出発点。
    【選者】金原瑞人・岸本佐知子・柴田元幸・西崎憲・松永美穂の各氏が最も賞賛した翻訳書。

    現代韓国の人気作家・パク・ミンギュのロングセラー短編小説集『カステラ』。 日本語版には特別に「李箱文学賞(イ・サン文学賞、日本の芥川賞と並び称される)受賞作」の「朝の門」を収録。

  • 佐藤泰志作品集

    「佐藤泰志作品集」

     佐藤泰志

    「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」映画原作を収録。
    映画「そこのみにて光輝く」が祝!2014年度キネマ旬報「ベストワン」獲得。
    この作品集を読まずして、佐藤泰志は語れない。

    近年の佐藤泰志ブームのすべては、この作品集から始まった。 単行本未収録作品を含む主要作品と、詩・エッセイまでを収録。 ◆収録作「きみの鳥はうたえる」映画、絶賛上映中!

  • それでも話し始めよう

    「それでも話し始めよう」

     アン・ディクソン著 アサーティブジャパン監訳・監修

    アサーティブネスの第一人者が贈る対話のレッスン。
    円滑なコミュニケーションのための必読書。
    対人関係を今より良いものにするための必読書。

    ヨーロッパにおけるアサーティブネスの第一人者、アン・ディクソンの理論が手に取るようにわかります。シナリオ仕立ての読みやすい内容になっています。

新刊案内

在日総合誌『抗路』7号
本の詳細・お問い合わせ

「在日総合誌『抗路』7号」

  • 定価(本体1500円+税)
  • A5判 248頁
7号まで来ました。あとは10号まで行くのみ。
今号も多彩な執筆陣で「在日」と「日本社会」、その歴史と現在を考える
  • 目次を見る
  • 案内チラシ
  • 試し読み

【特集「越境する『在日」】
●姜 信子 さよなら、アイデンティティ
●崔 徳孝 東京からシェフィールドまで
●趙 慶喜 帰還と移住のあいだで―祖国で「在日」を生きる
●尹 慧瑛 在英アイリッシュ

小特集① 新型コロナウイルスと日韓関係

●座談会  パンデミック時代の世界と日韓関係(伊地知紀子・内田樹・郭辰雄・文京洙)

●文 京洙 弔いの民主主義 パンデミックと韓国市民社会

●趙  博 「コロナ自粛」渦中の表現活動を考える

●金村詩恩 あの子の名前を呼んで

小特集② 1950年代を考える

●水野直樹 中野重治「雨の降る品川駅」の自己批判

●小林聡明 CIA・米慈善団体・在日支援

●廣瀬陽一 共産党の武装闘争と在日朝鮮人二世

●原 佑介 朝鮮戦争反対運動における日本人と朝鮮人の出会い

[エッセイ]

●尹 健次 「在日」は「宙づりだ」と言われるが

●李 錦純 「在日」の高齢者

●金 貴粉 ハンセン病を撮り続けた写真家・趙根在のこと

櫻井信栄 雑誌『対抗言論』創刊について

●高 賛侑 この時代を生きる者として―「アイたちの学校」に込めた願い

●康 潤伊 聞き手を求めて―鷺沢萠の残した言葉から


[詩

●ぱくきょんみ 一反のオモニ

[短歌

●凜七星 一詠日和〈四〉

書評

磯貝治良 廣瀬陽一著『金達寿伝』

金 文男 洪性翊『どや、どや、どや―絵のみち食のみち奮闘記』

[小説

林 茂澤 ウチハマ、そしてチョーセン部落

[グラビア]

朴 民宣
etc

 

Amazon

楽天ブックス


なぜ朝鮮半島「核」危機は繰り返されてきたのか
本の詳細・お問い合わせ

「なぜ朝鮮半島「核」危機は繰り返されてきたのか」

  • 崔正勲
  • 定価(本体3000円+税)
  • 四六判ハードカバー
3月11日刊行

朝鮮半島の平和定着を願って

「核」戦争を回避するためにはどうすればよいのか。現在、膠着化しているとはいえ、常に緊張形成の危機を迎える米朝関係。両国の「核」をめぐるこれまでの緊張形成の要因とその後の動向を丁寧に分析し、緊張緩和に向けた具体的な提案をおこなう。
  • 目次を見る
  • 試し読み

【本書の内容】
序 章 本書の目的と意義
第1章 朝鮮半島核危機の形成要因についての2つの視点
第2章 第1次朝鮮半島核危機(1990-1994)
第3章 KEDOプロセスと1998-1999年における緊張形成(1994-1999)
第4章 第2次朝鮮半島核危機(2000-20003)
第5章 6ヵ国協議をめぐる緊張の変化(2003-2009)
第6章 第3次朝鮮半島核危機(2009-2013)
終 章 結 論
補 論 金正恩政権における核兵器高度化と米朝間の緊張形成への影響

あとがき
参考文献


崔正勲(チェ・ジョンフン)
1979年、京都生まれ。立命館大学大学院前期課程および英国ヨーク大学修士課程修了後、立命館大学国際関係研究科博士後期課程にて博士(国際関係学)取得。
現在(2020年3月時点)、立命館大学アジア・日本研究機構専門研究員、コリア研究センター研究員、学習院大学東洋文化研究所客員研究員(東アジア学共創プロジェクト)。
専攻は国際関係学、安全保障学(核戦略)、地域研究(朝鮮半島)など。

既刊案内

在日総合誌『抗路』6号

特集は「在日の新時代」。時代は変わる、絶対に新しいものとして。 「在日」していく人たちへのエール。 そこに南北分断など存在しない。

詳しい内容はこちらへ

韓国政府の在日コリアン政策 [1945-1960]包摂と排除のはざまで

未踏のテーマに韓国人若手研究者が挑む。 日本と朝鮮半島の歴史の狭間で生きざるを得なかった「在日コリアン」をよりよく知るために。

詳しい内容はこちらへ

在日総合誌『抗路』5号

今号の特集は「在日」の1948年。1948年を韓国現代史のみならず、戦後体制の始発点として取り上げる。また小特集は「明治150年に …

詳しい内容はこちらへ

『カミングアウトそれから 「性同一性障害」つれづれなるままに』

LGBT当事者の思いと現実に寄り添えずに、なにが編集の不備だ。なにが表現の自由だ。『新潮45』は滅ぶべきして滅んだ。現実の声に耳を …

詳しい内容はこちらへ

在日総合誌『抗路』第4号

今号の特集は「在日」のクニ。また小特集として「激動する朝鮮半島」を収録。自明のものとしてあると幻想する「国」という概念を、在日の場 …

詳しい内容はこちらへ

日本のなかの朝鮮 金達寿(キムダルス)伝

2020年に生誕100年を迎えた金達寿(キムダルス)。 日本と朝鮮の関係を人間的なものにするために彼は表現し続けた。 その軌跡の全 …

詳しい内容はこちらへ

対話のために――「帝国の慰安婦」という問いをひらく

朴裕河著『帝国の慰安婦』は、「慰安婦」認識において、なぜ、これほど論争的な書となってしまったのか。その評価は妥当なのか。 「帝国の …

詳しい内容はこちらへ

在日総合誌『抗路』第3号

今号の特集は「在日」の記憶。出自・来歴の自覚に始まる在日であることの確認を、著者それぞれの体験から論述する。

詳しい内容はこちらへ

  • クレイン日記 - 図書出版クレインの日々の記録
図書出版クレイン

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-32-9-504
TEL 0422(28)7780  FAX 0422(28)7781
メールでのお問い合わせ、本のご注文は info@cranebook.net