TOP > 刊行予定

刊行予定刊行予定

『カミングアウトそれから 「性同一性障害」つれづれなるままに』(仮題) 深田羊皇

『カミングアウトそれから 「性同一性障害」つれづれなるままに』(仮題)
本の詳細・お問い合わせ
オナベの研ちゃんと呼ばれて。
性同一性障害のことを、もっともっと知ってほしい。
  • 深田羊皇
奈良でペットショップを営むFTMの著者による、愛おしくて、切なくて、面白い「性同一性障害者」の、どこにでもある日常を小気味よいテンポで綴る。そうだったのか、なるほど、という納得の数々。

在日総合誌『抗路』第4号 

在日総合誌『抗路』第4号
本の詳細・お問い合わせ

お待たせしております。10月刊行予定。

特集「在日」のクニ
 【グラビア】
 金紀江

【執筆予定者】
 内海愛子
 姜信子
 朴才暎
 尹健次
 岸野令子
 石川逸子
 李哲

 [小特集]「転換期の朝鮮半島
 崔正勲
 文京洙
 徐台教

 [インタビュー]
 崔実
 金紀江
 etc

金達寿 評伝 廣瀬陽一

金達寿 評伝
本の詳細・お問い合わせ
決して忘れてはならない在日作家の軌跡
没後20年の2017年に刊行
  • 廣瀬陽一
金達寿とその時代」」に続いて、没後20年を踏まえて、金達寿研究の第一人者が書き下ろす、決定版・評伝。

在日朝鮮人とハンセン病 金 貴粉

在日朝鮮人とハンセン病
本の詳細・お問い合わせ

残された時間は少ない
その歴史と現在を知るために明らかにされなければならない真実がある

  • 金 貴粉
彼ら彼女たちはどのような経緯でハンセン病に罹り、そして朝鮮人としてどのような生を送ってきたのか。また送っているのか。そして送ってこれなかったのか。
これまで明らかにされなかったその歴史と現在を明らかにする試み。

【本書内容】

はじめに
 問題の所在と課題
Ⅰ ハンセン病対策と朝鮮人-その政治的展開-
1.戦前日本の癩対策と朝鮮人
 1)日韓併合と癩対策のはじまり
 2)植民地期朝鮮における癩対策
 3)在日朝鮮人ハンセン病患者の発病と入所経緯
2.取締りと朝鮮人
 1)懲戒検束権の登場
 2)隔離の強化-癩予防法の成立
 3)「重監房」と朝鮮人(収監者の割合が高い)
3.戦後日本のハンセン病対策と朝鮮人
 1)特効薬プロミンの登場
 2)解放の喜びと悲しみ(家族との別れ)
①    療養所における在日朝鮮人ハンセン病患者と出入国管理体制
 1)外国人登録証への反発
 2)ハンセン病患者への強制退去に関する記載
②在日朝鮮人ハンセン病患者への取締り強化
 1)「韓国癩」への取締りと「癩刑務所」設立要求
  2)「密入国」朝鮮人患者と大村収容所菊池分室
4.所得格差是正に向けた長い闘い-ハ病同盟結成と年金闘争
  1)国民年金法制定と朝鮮人入所者   
  2)在日朝鮮人韓国人ハンセン氏病患者同盟の結成
  3)全患協、全盲連による後援
  4)朝鮮人年金獲得運動に対する日本人入所者からの批判の声
  5)日本人知識人による無理解
  6)全患協、全盲連との共闘による「解決」
5.南北分断と朝鮮人入所者
 1)南北分断による入所者同士の思想対立
 2)帰国事業→自己実現できない社会からまだ見ぬ「祖国」への望郷と建設への思い (「朝鮮人」に見る新良田高校の学生たちの思い)
Ⅱ 療養所に生きる
6.療養所のくらし
 1)療養所で生きぬいた人々-療養所作業に尽力した男性、女性
  患者作業(識字学級)、結婚、日常
 2)患者運動と朝鮮人(金相権、金奉玉、李衛、長谷川一奉、韓石峯)
7.文化活動
 1)文学活動(金聖大[杉原宗三郎]、金夏日、金末子) 
   ・陶芸活動(許慶順、岩村春子)
 2)各園同胞の会の文化活動(各園への慰問団、アリラン会、互助会お花見など)
Ⅲ 望郷-そして終わらぬ闘い
8.朝鮮半島への望郷の念-そして終の棲家として
 1)韓国への里帰り事業。ホテルからの宿泊拒否事件。韓国で墓をたてる(金夏日)
 2)韓国「望郷の丘」への納骨(邑久光明園など)
9.らい予防法廃止・国賠訴訟・ソロクト裁判
 1)ハ病同盟の存続
 2)裁判と在日朝鮮人

etc

金貴粉(キン・キブン) : 国立ハンセン病資料館学芸員

ページのTOPへ戻る

  • クレイン日記 - 図書出版クレインの日々の記録
図書出版クレイン

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-32-9-504
TEL 0422(28)7780  FAX 0422(28)7781
メールでのお問い合わせ、本のご注文は info@cranebook.net